CS経営

CS浸透度調査

社員のCSに対する意識や取組状況を確認します

サービスの概要

CS推進を掲げたものの、その取組が日常業務や経営方針と乖離し、形骸化している企業も少なくありません。
そのため、社員のCS意識や取組状況の実態を捉え、CS推進を妨げる原因を探ります。

図版:浸透度調査の調査項目例。自己評価と、所属組織評価の二つが例示されている。

特長

多角的な視点で、ボトルネックを探る

自社の目指すCS像の理解や、日常業務との距離感、実際の行動の他、業績とCSの重視度や風土・環境、社内の仕組み等、多くの企業でよく問題となる視点を網羅し、CS推進を妨げるボトルネックを多角的に探ります。

自己評価と所属組織の評価を確認

自己評価だけだと高得点になるケースもあるため、所属組織の評価も確認して、実態を探ります。

実施フロー

本調査は以下のフローに従い実施します。

※ご支援の範囲は、貴社のご要望に応じ、企画させていただきます。

調査企画設計(調査対象、方法、日程の設定)→設問設計・調査準備(調査票作成、リスト準備)→Webアンケート調査→集計分析まとめ(集計分析、自由回答整理、CS向上課題抽出)調査期間は目安で2.5ヶ月〜4ヶ月程度です。

分析・アウトプットイメージ

CS推進を妨げるボトルネックを、多角的に探ります。

報告書の例、評価項目の上位、下位項目のbest5や部門ごとのレーダーチャートなど。

実施費用(目安)

調査項目数、調査箇所数、1箇所あたりの実施回数、集計軸の数等によって、費用は大きく変わります。
調査内容に応じて詳細見積をいたしますのでお問い合わせフォームにてご連絡ください。

調査一式(費用の目安)1000件回収、設問50問程度の場合300万円(税別)〜

<費用には以下の内容が含まれます>

  • 設問設計費
  • Webによる調査実施費
  • 分析、報告書作成費

競合他社比較調査 法人ヒアリング調査

CS浸透度調査についてのお問い合わせ、導入のご相談は
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。担当者が対応させて頂きます。