商品&サービス開発支援調査

想定顧客層による事前商品評価を行い、受容性の高い商品の開発を支援します!

概要

■無形材である金融商品の開発において、消費者による商品スペック等の事前評価結果を 
 商品設計に活用することで、商品力の向上を図ります。

■本調査プログラムで明らかにすることは、以下の4点です。
①既存商品との相対評価を通じ、開発商品の商品力を把握します。
②商品特性の訴求(受容)ポイントをチェックします。
③商品のキーメッセージの評価に基づき、効果的なコミュニケーションの在り方を把握します。
④想定顧客層より有力顧客層(受容層)を見出します。

保険商品開発調査の概要(実施Step例)

Step1.該当商品の保障内容全般に関する理解一般認識の確認
Step2.商品コンセプト(キーメッセージ)の評価と商品内容理解の把握
Step3.付属資料の評価と改善課題等の抽出
Step4.同一商品カテゴリー内の既存他社商品との比較評価
Step5.付帯サービス評価と受容性の把握

・商品力評価と受容性の把握
・商品の訴求ポイントの把握
・キーメッセージの把握
・有力顧客層の把握

・商品設計見直し・検討
・販売政策の検討

主な取組み実績

☐定期保険、終身保険、外貨建保険
☐ガン保険、医療保険、特定疾病保険、介護保険
☐ファイナンシャル・プランニング・サービス、自動車保険特約、投資信託など