顧客提示資料の総点検プログラム

顧客提示資料の総点検プログラム【Top】
顧客提示資料の総点検プログラム【概要】
顧客提示資料の総点検プログラム【活用事例】

各種の金融商品の資料・帳票類に対し「わかりにくい」「難しい」「読みたくない」などといった消費者や顧客の声を耳にすることが多いのではないでしょうか。

■お客様との信頼関係を築き、長期間にわたりお取引を継続させることは、金融機関にとっても重要な経営上の課題です。
■形のない金融商品やサービスでは、商品・サービス理解のためにもパンフレットや資料等の文字による情報はお客様にとって欠かせない重要な判断材料となります。

この重要な資料の良し悪しが、貴社への印象や満足度に影響を及ぼすことは想像に難くありません。
※対象となる資料は、パンフレット類、請求資料等の帳票類、広告・販促ツール、ガイド等、消費者・顧客が商品・サービスを理解、利用する際に使用する各種の資料です。

■本プログラムは、消費者・顧客視点に基づいた貴社の資料の総点検を通じ、「消費者・顧客利益」と「お客様満足度」の向上に寄与するものです。
当該テーマに豊富な経験を有する弊社に、是非、一度、ご相談賜われば幸いです。

『顧客提示資料の総点検プログラム』をご活用のご案内