利用&態度調査(Usage & Attitude調査)

概要

各種マーケティング施策の検討を行うための基礎情報として、商品やサービスの利用状況や、
購買行動、情報行動など当該金融サービスにおける消費者の利用行動や態度の実態を把握することを
目的に実施するものです。

主な調査手法

定量調査

郵送調査、CLT調査、訪問調査、FAX調査、インターネット調査など

定性調査

グループインタビュー調査、パーソナルインタビュー調査など

行動調査

行動観察調査(エスノグラフィ)、日記調査など

事例

調査内容

目的

調査手法


コールセンター利用者評価調査


コールセンターを利用した取引選択の要因を把握するため、コールセンター利用者を対象に、利用の実態とサービスの改善点を把握した。


グループインタビュー