医療福祉政策立案支援サービスのご紹介

日本の医療福祉の将来の為に、政策立案から施行までのPDCAを支援します!

 現在、日本は他国に類をみない超高速高齢化社会に突き進んでいます。
JMARでは、そのような中で変革を求められている医療機関と福祉施設の役割、それに伴う医師、看護師、介護福祉師などの役割や連携の進化を見つめつつ、日本の医療福祉の変革に対して患者やサービス利用者の視点を持って国・自治体の事業を支援していきます。

 具体的には、これまでに培ったリサーチの分析力とコンサルティング力を活かしながら、関係団体との連携・調整なども考慮しつつ、国・自治体の取り組み施策におけるPDCAサイクルの推進をお手伝い致します。

主な事業内容

  • 医療福祉関連の政策検討のための実態調査の実施をして、基礎データを提供します
  • 専門家の意見を委員会やヒアリングを通してとりまとめ、方向性を整理します
  • 研修・実習による施策の普及・浸透を図れるよう、その運営を担います
  • ガイドラインやマニュアルを製作し、標準化を図るお手伝いを致します
  • 各医療福祉団体との密接な連携により、新たな変革に対応する医療福祉政策を支援します
  • 新たな政策に対する理解度、浸透度、進捗度 等を測定し、国・自治体のチェック機能を支援します

ヘルスケア領域におけるプレーヤーと課題

TOP:サービス紹介
調査事例
厚生労働省実績
お問い合わせフォーム・電話03-3578-7947

JMAR調査レポート