「低燃費タイヤ」に関する利用実態調査結果の概要

日本能率協会総合研究所では、2010年8月「低燃費タイヤ」に関する実態調査を実施し、その調査結果を取りまとめました。

温室効果ガスの一種である二酸化炭素の削減や、一時期のガソリン価格の高騰などの問題から、自動車ユーザーにとっても「エコ」が重要になってきました。また、平成22年1月より乗用車タイヤにおいて「低燃費タイヤラベリング制度」が実施されたこともあり、「低燃費タイヤ」市場も拡大しつつあります。

そこで、全国の18歳以上の自家用車保有者32,062名に対して「低燃費タイヤ」に対する一般消費者の認知状況や購入実態を調査するとともに、大手カー用品店での状況を調査し、「低燃費タイヤ市場のさらなる普及」のための課題を明らかにいたしました。

調査結果の概要はこちらからどうぞ