第2回「低燃費タイヤ」に関する実態調査結果の概要

日本能率協会総合研究所では、2011年2月に「第2回『低燃費タイヤ』に関する実態調査」を実施し、その調査結果を取りまとめました。

温室効果ガスの一種である二酸化炭素の削減や、ガソリン価格の高騰などの問題やエコカー減税、エコカー補助金の実施もあり、自動車ユーザーにおける「エコ」の意識が高まっています。また「低燃費タイヤラベリング制度」の実施から1年が過ぎ、「低燃費タイヤ」市場の拡大も続いていることから、その動向に注目し、自主調査を行いました

なお、当社は、2010年8月に「『低燃費タイヤ』に関する実態調査」を実施しています。今回の調査は2回目に当たり、第1回調査時以降の変化などを把握いたしました。


調査結果の概要はこちらからどうぞ