第5回「低燃費タイヤ」に関する実態調査結果の概要

日本能率協会総合研究所では、2014年1月に「第5回『低燃費タイヤ』に関する実態調査」を実施し、その調査結果を取りまとめました。

消費者の「エコ」意識が高まる中、2010年1月の「低燃費タイヤラベリング制度」運用開始によるタイヤ市場の変革に着目し、2010年8月、2011年2月、2012年1月、2013年2月、2014年1月に「『低燃費タイヤ』に関する実態調査」を実施しました。 今回、「低燃費タイヤラベリング制度」運用開始から4年間が経ち、一般消費者における「低燃費タイヤ」「低燃費タイヤラベリング制度」に対する意識や購買状況等の変化を把握するために第5回調査を実施しました。

調査結果の概要はこちらからどうぞ