人事院「公務職場に関する意識調査」を実施

 株式会社日本能率協会総合研究所は、この度、人事院の平成28年度『年次報告書』における「公務職場に関する意識調査」(以下、本調査)を実施しました。国家公務員に対する職場に関する多角的・包括的な意識調査としては、日本初のものです。

 今回の調査の背景として、人材確保や人材活用のためには、公務職場の魅力の発信や職員の意欲・能力の向上が重要であり、職員の意識や公務職場の実態を把握して課題を認識し、対応策を検討する必要が生じたことにあります。

 弊社は業種を問わず、民間企業から官公庁・自治体まで多様な実績があり、本調査ではその長年のノウハウを活かし、公務職場の魅力と課題を明らかとしました。

 年次報告書の概要と詳細については、下記人事院HPをご覧下さい。

人事院『平成28年度 年次報告書』

概要版(PDF:323KB):

http://www.jinji.go.jp/kisya/1706/hakusho28.pdf

本調査掲載内容(PDF:1.88MB):

http://www.jinji.go.jp/hakusho/pdf/28_1-2.pdf

目次:

http://www.jinji.go.jp/hakusho/pdf/index.htm

実施概要

調査期間:2016年2月10日~2月28日

調査対象:行政職俸給表(-)適用職員で本府省に勤務する者

調査方法:無記名によるWEB調査

有効回答数:15,907名(対象職員の約半数)