組織・人事

ワーク・ライフ・バランス、
残業削減コンサルティング

残業発生の本質的な原因を明らかにし、コンサルティングを通じて貴社とともに長時間労働の削減を進めていきます。

サービスの概要

1 複雑に絡み合う長時間労働発生の原因を解きほぐし、そのメカニズムを解明します。

どういった社員が、どういった管理者のもとで、どういった労働時間管理下で長時間労働を行っているのか、一般社員及び管理者を対象にしたアンケート調査、「残業時間管理表」の分析を基に明らかにします。

2 貴社にふさわしい長時間労働削減、新たなワークスタイル創出のためのアクションプランを立案します。

  • 従業員の仕事の仕方、意識の変革
  • マネジメントのあり方の変革
  • 企業・職場風土の改善、労働時間制度の改善…

を進めるための施策を人事部、社内メンバーとともに立案します。

3 アクションプランに基づき具体的な取り組みを支援します。

オフサイトミーティングの実施、意識改革のためのセミナー、業務プロセス効率化支援、労働時間に関する制度設計など、幅広いサポートを行います

導入フロー

  • コンサルティングを進めるにあたっては、社内に職場横断のメンバーによるプロジェクトチームを作り、プロジェクトチーム主導で長時間労働の削減の推進に当たることが望ましいと考えます。
  • 長時間労働の削減対策は職場に根付いた取り組みでなければならず、社員が自らの問題として捉え、考え、取りまとめて、社内に発信していくことが求められます。

1メンバー募集(目的の明確化、プロジェクトの内容提示、キックオフ)2研修案(WG参加にあたっての心構え、残業削減に向けた考え方、今後の取組方針の策定)3WG実施(月に1,2回の定例会、社内データの整理、社内実態把握・意識調査)4施策の提案(施策の検討・提案、今後の活動提案、広報・PR、プロジェクトの評価など)。上記のプロセスを通じて様々な学びを得ることができます。プロジェクト進行に伴い、メンバー間の意識の相違が明確になります。総論で同意、各論で相違の場合のプロジェクト進行を学びます。WGとして掘り下げた課題を踏まえ、施策を提案し社内に発信します。プロジェクトの学びを職場に伝える仕組みづくりへ。

専任スタッフからの活用アドバイス

働き方を見直し、残業を削減するには仕事の仕方や意識を変える必要があります。ただし、そう簡単に変われるものではありません。一人ひとりが変わるために背中を押すための施策の立案と具体的な取り組みを支援します。

広田 薫(ひろた かおる)

1962年神奈川県横須賀市生まれ。1985年中央大学法学部卒業。
2003年法政大学大学院政策科学専攻修士課程修了(政策科学修士)。
厚生労働省などから労働時間管理に関するプロジェクトを20年以上にわたって多数受託・研究。
民間企業に対する残業削減、ワーク・ライフ・バランス推進といったテーマの研修・コンサルティング・ソリューション提案などにも豊富な実績を持つ。

主な著書『経営環境の変化に応じた労働時間管理の進め方』 (厚生労働省「労働時間制度改善セミナー」テキスト、全国労働基準関係団体連合 会)など。

ワーク・ライフ・バランス、残業削減研修

ワーク・ライフ・バランス、残業削減コンサルティングについてのお問い合わせ、導入のご相談は
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。担当者が対応させて頂きます。