ウェビナー
「ブランドの“健康状態”を把握するブランド・ヘルス・トラッキング」

市場の中の自社ブランドの“健康状態=現状の立ち位置”を定期的かつ網羅的な項目を確認することで、マーケティング施策やコミュニケーション戦略に役立てたり、また競合ブランドの状況を把握し、自社ブランドが不調に陥る兆候を見逃さないための有効な調査です。
また、売上データ、広告関連データ(GRPなど)と合わせて分析することでブランドの現状をより正確に把握することができます。

こんな経験ありませんか?

  • 人気ブランドの売上がここ3ヶ月低調傾向が続く
  • 順調だった新商品の売上が伸びていない
  • 夏の大型キャンペーンの後、想定していたほど売上が伸びない

参加対象

マーケティングリサーチに関心のある方(経営企画部門、営業部門、マーケティング部門等の責任者・担当者)
※個人・同業者の方のお申し込みはお断りさせて頂きます。あらかじめご了承ください。

トラッキング結果の事例:
「3ヶ月購入割合」と「主要イメージ」が低下

最近の不調について想定されること、この間に起こった事象
1)3ヶ月前にリニューアルしたパッケージの影響?
2)昨年新規参入したブランドBの影響?
3)競合ブランドの大型キャンペーンの影響?

定期的なトラッキング調査によって、要因として考えられるものを早めに見つけることができます。

その他の活用事例

ブランド・イメージマップ(コレスポンデンスアナリシス)

イメージによるポジションをマッピングすることにより、現状の立ち位置を把握し
今後目指すポジションのためのコミュニケーションの方向性を検討する

ブランド・ピラミッド

指標としたデータを競合とともに一度に表示することで、ブランドの特徴を理解する

  • 認知度は高いがリピーターは少ない → 製品/パッケージのリニューアルを検討
  • 認知度は低いが、ロイヤルユーザーは多い → 広告戦略を検討

開催概要

参加対象

マーケティングリサーチに関心のある方(経営企画部門、営業部門、マーケティング部門等の責任者・担当者)​
※個人・同業者の方のお申し込みはお断りさせて頂きます。あらかじめご了承ください。​

講師

(株)日本能率協会総合研究所​
マネジメント・マーケティング研究事業本部
リサーチ&アナリシスグループ 主任研究員 真上 志郎​

日時

2021年6月24日(木)13:30 ~ 14:10​
※zoomによるウェビナー(ライブ配信)​
※当日ご都合の悪い方は、後日録画配信でもご覧いただけます。​

内容

ブランドの“健康状態”を把握する「ブランド・ヘルス・トラッキング」の紹介

定員

100名まで
※応募者多数の場合は、規定人数となり次第、締め切らせていただきます。​
※ご参加頂ける方には、後日メールでID等をお送りいたします。

参加費

無料