CS経営

調査ポリシー

CS調査の実施、CS経営推進の全般的ご支援について、経験豊富なスタッフが、貴社に適した方法をご提案し、お客様満足の向上の実現をバックアップ致します。

弊社CSアンケート/顧客満足度調査の特徴

私どもがCS経営(Customer Satisfaction Management)を提唱し我が国初のCS調査(「製品・サービスの顧客満足度調査」)を発表したのが1991年でした。

それから20数年たち、今や、業種を問わず企業の9割以上が、何らかの形で「顧客の声」を集め、その声を経営に活かしていこうという姿勢や仕組みが定着してきた感があります。ただし、同時に、多くの企業が「お客様満足第一」を掲げていながら、その声を活かしきれていないのも事実です。

また、最近の傾向として、企業経営におけるKPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標)の1つにCSが組み込まれるケースも目立ってきています。この場合のCSは、製品・サービスの購入者を対象とするだけでなく、パートナーである流通業者、現業部門から見たオーバーヘッド部門など、対象も多岐に及んでいます。

私どもは、CS調査の実施、CS経営推進の全般的ご支援について、経験豊富なスタッフが、貴社に適した方法をご提案し、お客様満足の向上の実現をバックアップ致します。

CS経営のパイオニア

1991年わが国ではじめて日本能率協会が産業界に『CS経営』を提唱しその普及啓蒙に努めてまいりました。

※CS経営とは「お客さまの満足を原点として、お客さま満足を組織的に創りつづける経営」です。

20年以上にわたる豊富な実績と経験

『CS経営』の提唱に先立ち、JMAグループではCS経営研究からCSについての研究に従事し、以来、多くの企業や自治体におけるCSに関する支援において、豊富な実績とその間に培ってきたノウハウを活用しております。
また、定期的に弊社独自のCS実態調査を実施し、時々の企業におけるCS経営上の課題の把握に努めております。

お客さまのご要望に応じた弊社ノウハウ利用によるきめ細かな対応

お客さまの課題認識や調査目的に応じた調査及び項目の設計を行います。調査項目の設計においては弊社のノウハウを活用いたします。

弊社モニターの活用による他社比較が可能

目的に応じて各種モニター(一般消費者、ビジネスパーソン、患者、医師)より競合他社利用者を抽出し、顧客満足度の他社比較等への活用が可能です。

JMAグループによる総合支援体制の活用

日本能率協会グループの他法人との連携を図り、お客さまの課題に応じた支援体制を構築した対応が可能です。

調査ポリシーについてのお問い合わせ、導入のご相談は
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。担当者が対応させて頂きます。