日本能率協会総合研究所 マネジメント&マーケティング研究事業本部

事例紹介:株式会社ノーリツ様

弊社は、温水機器や厨房機器などの生活に欠かせないお湯まわり商品の製造・販売・アフターサービス事業を行っています。「新しい幸せをわかすこと。」をグループミッションに掲げ、お客様に「暮らし」の領域で感動していただける価値を提供し、より多くの笑顔を生み出していくことを目指しています。

コンプライアンス意識調査を始められた経緯や目的をお聞かせください。

弊社では、独自のコンプライアンス意識調査を毎年実施し、経年比較で分析した調査結果を次年度のコンプライアンス推進活動における課題抽出に活用していました。その成果もあってか、近年ではコンプライアンス意識調査の結果が高い水準で推移しており、現状の独自で設計した設問項目では新たなコンプライアンス課題が見えにくい状況にありました。
そのため、第三者の視点を取込んだコンプライアンス意識調査を実施し、客観的に現状を認識・分析することで、コンプライアンスに対する課題を正確に把握することが必要だと考え、外部調査を実施することに至りました。

調査の委託先として当社を選んでいただいた理由をお聞かせください。

豊富な他社データとの比較により、弊社の課題を分析して頂ける事が決め手でした。パッケージプランを採用しましたが、弊社が希望するオリジナルの設問項目を柔軟に組み込んで頂ける事も魅力の一つとして、貴社に依頼することになりました。

調査を実施したことで、得られた気づきや効果などをお聞かせください。

独自のコンプライアンス調査結果からは結びつかなかったけれど、漠然と感じていたコンプライアンス上の課題が明確になった事が大きな効果としてあります。また、専門家による第三者視点での分析結果やベンチマークとの比較があるので、各部および各グループ会社が取り組むべきコンプライアンス課題の方向性の足並みを揃える事ができたと感じています。

今後、調査をどのように展開、発展させていきたいかをお聞かせください。


今回判明した課題を受け、改善策を検討・実行に移していき、コンプライアンス意識が自浄する組織づくりに向けてコンプライアンス推進活動のPDCAを実施していきます。
お客様の会社概要
社名 株式会社ノーリツ
設立 1931年3月10日
資本金 20,167百万円(2020年12月末現在)
社員数(連結) 6,995名(2020年12月末現在)
主な事業内容 温水空調分野を中心とした住宅設備機器の製造、販売、サービス事業

  1. 温水空調分野(給湯機器・温水暖房機器など)
  2. 厨房分野(ガスビルトインコンロなど)
  3. 上記に関連するアフターサービス・施工

インタビューご回答者:企画管理本部 人事総務部 総務法務グループ

お気軽にご相談ください

JMARは一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) より、
プライバシーマークの使用許諾事業者の認定を受けています。