日本能率協会総合研究所 マネジメント&マーケティング研究事業本部

ウェビナー「失敗事例から考えるCS調査のポイント

2021.05.06

コロナ禍による市場環境の変化に伴い、従来以上にお客様のニーズを的確に捉え、良好なつながりを育てることが求められています。
しかし、企業によってはお客様との直接接点の減少もあってつながりが薄れ、ご利用の継続や再購入、推奨等の獲得に不安を抱えるケースも見受けられます。

CS調査を何年も継続されている企業様は多いのですが、「お客様の本音がわからない」「ニーズがつかめない」「従業員がCS推進に取り組まない」「調査が形骸化している」といったお悩みもよくうかがいます。

現在のCS調査が「今ひとつ」とお感じの方や、今後のヒントをお探しの方は、是非ご参加ください。
また、個々の具体的な課題に関するご質問に対応するため、ご希望の方はセミナー後のコンサルティング(1回無料)をご利用いただけます。貴社のさらなる前進に役立てていただければ、幸いです。

開催概要
参加対象
CS推進部門、経営企画部門、営業部門、マーケティング部門等の責任者・担当者
※個人・同業者の方のお申し込みはお断りさせて頂きます。あらかじめご了承ください。
講師
(株)日本能率協会総合研究所
マネジメント・マーケティング研究事業本部
CS経営研究室 主幹研究員 田中 理恵
日時
2021年5月26日(水)13:00 ~ 14:00
※zoomによるウェビナー(ライブ配信)
※当日ご都合の悪い方は、後日録画配信でもご覧いただけます。
内容
失敗事例から考える「お客様の本音を引き出し、リピート・推奨につなげるCS調査」

  1. お客様の本音を引き出す
  2. 従業員をCS推進に巻き込む
  3. 調査を戦略的に使う
定員
100名まで
※応募者多数の場合は、規定人数となり次第、締め切らせていただきます。
※ご参加頂ける方には、後日メールでID等をお送りいたします。
参加費
無料
※希望者は、後日コンサルティング1回無料

当セミナーは終了いたしました。

お気軽にご相談ください

JMARは一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) より、
プライバシーマークの使用許諾事業者の認定を受けています。