日本能率協会総合研究所 マネジメント&マーケティング研究事業本部

ウェビナー「CS調査の3つのズレを改善して、CXに進化する」

2021.08.06

CS(顧客満足)向上のための取組と調査が多くの企業に浸透した今、
「CSからCX (顧客体験価値)への転換」を推奨されることが増えました。

うまく転換されたケースもあれば、「不満解消」にとどまるケースもあり、
最近は下記のお悩みもよくうかがいます。

「CXに取り組んでいるが、うまくいかない」
「お客様の本音が掴めず、取組が進まない」
「そもそもCXとCSの違いがわからない」

CXが進まない背景には
CS調査の抜本的な3つのズレと足かせがあり、
長年CS調査を継続した企業が陥っているケースがよく見られます。

今回、事例を通じて実態と改善についてふれ、
CXへの進化やさらなるCS向上につなげて下さい。

※従来型CS調査の改善にも、役立てていただけます。

「不満解消」の次に、何に取り組みますか?

開催概要
参加対象
CS・CX推進部門、経営企画部門、営業部門、マーケティング部門、品質管理部門等の責任者・担当者
※個人・同業者の方のお申し込みはお断りさせて頂きます。
あらかじめご了承ください。
講師
(株)日本能率協会総合研究所
マネジメント・マーケティング研究事業本部
CS経営研究室 主幹研究員 田中 理恵
日時
2021年8月27日(金)13:00 ~ 14:00
※Zoomによるウェビナー
※当日ご都合の悪い方は、後日録画配信でもご覧いただけます。
内容
  1. 今、なぜCXなのか?
  2. CSからCXに転じる時の3つのズレ
    お客様、経営層、従業員
  3. 従来型CS調査による足かせ
定員
500名まで
※応募者多数の場合は、規定人数となり次第、締め切らせていただきます。
※ご参加頂ける方には、後日メールでID等をお送りいたします。
参加費
無料

お気軽にご相談ください

JMARは一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) より、
プライバシーマークの使用許諾事業者の認定を受けています。