日本能率協会総合研究所 マネジメント&マーケティング研究事業本部

ESG/SDGs時代に求められるサプライチェーンマネジメント戦略について
~コロナ後の持続的なSCM構築に向けて~ ウェビナー開催

2022.03.01

満員御礼 終了しました。

好評につき、無料動画公開中です。

関連サービスはこちらからご確認ください。

【プログラム】
ESG/SDGs時代に求められるサプライチェーンマネジメント戦略について
~コロナ後の持続的なSCM構築に向けて~
開催概要
 昨今のESG、SDGsなどへの対応は企業経営においても重要なテーマとなっています。国際競争力強化のため積極的なアウトソーシングを活用する企業が増える中、ESGやSDGsの観点において、自社だけでなく、サプライチェーン全体をサステナブルに管理することが求められています。
 また、サプライチェーンに対するリスクマネジメントは、企業の業績や存続に直結するものとなっており、2020年から続く新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行は、サプライチェーンマネジメント強化の必要性をあらためて認識する契機となりました。
 そこで、当プログラムでは購買調達分野で日本を代表する有識者である坂口孝則氏をゲストにお迎えし、今後のサプライチェーンマネジメント戦略についてのウェビナーを開催することで、持続的なSCMの構築に向けた打ち手を情報発信させていただきます。

※プログラムは予告なく変更される場合があります。

対象者
サプライチェーン部門/
リスクマネージメント部門/
経営企画などに従事されている方々
開催日程
(以下の日程を予定)

  • 2022年3月24日(木)13:30~14:30
講師
坂口 孝則
(未来調達研究所株式会社 コンサルティング本部長)
小阪 貴之
(日本能率協会総合研究所 組織・人材戦略研究部 主任研究員)
開催方法
オンラインでのライブ配信
参加費
無料(先着順)


関連サービス

お気軽にご相談ください

JMARは一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) より、
プライバシーマークの使用許諾事業者の認定を受けています。