日本能率協会総合研究所 マネジメント&マーケティング研究事業本部

経営に役立つ施策提案まで
人事・組織領域に精通した研究員が支援

大企業向け
従業員満足度調査
(エンゲージメントサーベイ)

「働きやすく、働きがいがある=ESの向上」を目指し、従業員の意識、組織の風土を客観的に把握します。
調査結果から貴社の課題を発見し改善に役立つ情報を提供します。

グローバル調査にも対応可能です

リピート率90%
過去5年間

定期的に調査を実施することで経年変化の傾向を把握できます。
お客様は調査結果を施策の効果測定や中長期計画に活用しています。

年間50企業・グループ
50万人のデータ蓄積

弊社が保有する従業員満足度調査のデータとお客様の調査結果との比較ができます。

お客様のニーズに合わせて
ご支援

レディメイドからオーダーメイドまで複数のプログラムをご用意しています。調査のプランニングから施策提案・調査結果の活用研修まで専門研究員がフルサポートで対応するなどニーズに合わせてご支援内容は幅広く対応いたします。

注:上記数値は、弊社が受託している全調査プロジェクトをもとに計数しています。

サービスの概要

企業成長の源泉となるのは社員の皆さんが持っている『活力』に他なりません。「働きやすく、そして働きがいのある組織」はその基盤となり、企業業績向上への起点となります

弊社ではその実現に向けて 『従業員満足度調査(ES調査)の実施』の定期的な実施をお勧めしています。組織の実態を客観的に把握し、貴社の優先課題を発見、的確な対策の立案に役立つ情報をご提供します。

企業・組織が抱えている問題意識や状況

組織や人材に関する主な症例
  1. 社員の疲弊感・意欲低下
  2. 組織の一体感の欠如
  3. 次世代を担う人材の不足
  4. 管理職層のマネジメント不足
  5. 戦略的キャリア開発の遅れ
  6. 技能伝承の危機
  7. 有事における対応力不足
  8. 中高年や女性社員の非活性
  9. 部門間連携の不足
  10. 知の非活用

など

考えられる原因
  1. あるべき姿の不明瞭さ
  2. トップの情報発信不足
  3. 教育・CDPにおける戦略発想不足
  4. マネジメントとリーダーシップのバランスのミスマッチ
  5. 社員への動機づけ不足
  6. 不況を背景にした不安の助長
  7. 知の教育の仕組み不足
  8. 職場におけるコミュニケーション不足
  9. メンタル・ヘルス対応の遅れ
  10. ダイバーシティ対応の遅れ

など

「組織」「人材」に関する様々な問題の解決にあたり、組織および人材の特性(性格・癖)を明らかにします。

JMARの従業員満足度調査(ES調査)
5つの特長

01『貴社の問題意識』を徹底的に取り込むカスタマイズ調査を実現します

1000問を超える質問・他社調査結果のデータベースなど、蓄積された多彩なノウハウを活用し、貴社に最適な調査設計・分析手法を厳選して従業員満足度調査(ES調査)をご提案いたします。

コンプライアンス意識調査など、専門的な組織診断も数多く実施しています。

02他社データとの水準比較で『貴社の立ち位置』を明らかにします

弊社がご提供する従業員満足度調査では、他社データ(他社の傾向値)との比較が可能です。

他社データ(他社の傾向値)とは
  • 過去3年以内に弊社で調査をした企業・企業グループの調査結果で、各会社を特定しないように、平均値を算出して比較しています。
  • 対比可能な社数は質問内容により異なります。
他社データ(他社の傾向値)の業種・規模
  • 2020年10月現在、他社データとして約530社(回収数100以上)の企業と比較可能
  • 企業規模(調査対象者)としては、企業単位で平均約3,000名
  • 業種:製造業、非製造業が約半数ずつ
  • 他社全体のデータ以外に、製造業/非製造業、企業規模、職位別、性別などの区分でのデータ抽出も可能

注:上記数値は、弊社が受託している全調査プロジェクトをもとに計数しています。

03初めての従業員満足度調査(ES調査)も安心

特に重要なテーマを抽出した標準質問(合計70問)をご用意しております。

04豊富な経験に基づく『プロのノウハウ』

規模や業種を問わず多彩な従業員満足度調査(ES調査)の経験値があります。調査設計、分析、調査実施に向けた社内説明までサポートします。

05課題解決まで、日本能率協会グループの総合力でサポート

研修やコンサルティングなど多面的な角度から、経営に関する専門家集団である日本能率協会グループの総合力を駆使して、貴社をサポートいたします。

調査項目の体系

組織および人材の特性(性格・癖)について、8つの視点で網羅的に把握します。

仕事
  • 個人目標の納得感
  • エンパワーメント
  • 成長実感とキャリア展望
  • 貢献・有能性の実感
  • チャレンジ・改善姿勢
職場
  • 職場目標の共有
  • チームワーク
  • コミュニケーション風土
  • ナレッジ共有・技術伝承
  • 相互尊重・切磋琢磨
  • チャレンジ意欲・変革力
  • 組織間連携
上司
  • 方針提示と意思決定
  • 率先垂範
  • 部下の指導・育成
  • コミュニケーション
  • 評価姿勢
コンプライアンス
  • 法令・ルール遵守状況
  • コンプライアンス強化の取り組み
業務負荷
  • 仕事量のコントロール
  • 仕事のストレス
人事制度
  • 評価
  • 処遇
  • 異動・キャリア開発
  • 教育・研修
トップマネジメント
  • 経営理念の浸透
  • 情報開示・情報伝達
  • 会社の将来性
  • 企業姿勢・風土
お客様志向
  • 職場の意識・実践
  • 個人の意識・実践
その他オプション例
  • メンタルヘルス
  • 上司自己評価
  • 上司の部下評価
  • スタッフ部門評価

調査のアウトプット例

全社全体の現状認識(強み・弱みの把握)

自社の水準及び特徴把握

マネジャー層のマネジメント課題の把握

課題の優先順位、期待人材分析

従業員満足度調査プログラム

目的、内容、ご予算に合わせて2つのプログラムをご用意しています。

ES_アドバンスト ES_スタンダード
お勧めする企業
貴社の実情に照らし網羅的にかつ深く組織診断されたい企業
お勧めする企業
網羅的に診断し、コストを抑え、早く結果をお求めの企業
プログラムの特長
貴社ニーズに合わせたカスタムメイド・タイプの従業員意識調査(設問のカスタマイズが可能)
プログラムの特長
弊社の標準項目を使用したレディ・メイドタイプの従業員意識調査
設問数
オリジナルで作成
設問数
70問(基本設問)

実施フロー(例)

企画開始からご報告まで、通常3〜4ヶ月で行う事が一般的です。

  • スケジュールは、貴社のご事情に応じて調整いたします。
  • 全体企画、設問設計には十分な時間をご予定下さい。
  • 01

    全体企画

    1. 目的の確認
    2. 対象範囲確認
    3. 進め方・役割分担確認
    4. 調査フレーム策定
  • 02

    設問設計

    1. 設問原案提案・確認
    2. 調査票設計

    オプション社内インタビュー
    社長、CHO、CLO、ミドル層などを対象に設問材料収集を目的に実施

  • 03

    調査実施

    1. 実査準備
      WEB設計/印刷
    2. 調査協力依頼
    3. 実査(回収)
  • 04

    集計分析

    1. 集計
    2. 分析・考察
    3. 速報データ提出
  • 05

    報告書作成

    1. 中間報告
    2. ディスカッション
    3. 追加分析
    4. 報告書作成
  • 06

    調査結果の報告

    1. 事務局報告
    2. 本報告会

    オプション職場カルテ(組織別レポート)の作成・配布

グローバル調査の実績

以下の言語での調査実績がございます。

●アジア・オセアニア圏

英語、韓国語、中国語(繁体字、簡体字)、タイ語、ベトナム語、マレー語、インドネシア語、ビルマ語、ネパール語、ラオス語

●北米・南米圏

英語、スペイン語、ポルトガル語

●ヨーロッパ圏

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語

●アフリカ圏

英語

現場第一線から組織課題を解決し、
「よりよい組織づくり」を推進

調査結果の活用支援

調査を積極的に活用し、
会社の本質的な組織・人事課題の解決に役立てる

日本能率協会総合研究所は、ES調査や従業員意識調査の先駆け的存在として25年以上の実績があります。調査結果を第一線の現場で積極的に活用する際に起こる状況に何度も直面し、創意工夫を実施してきた成果を踏まえたプログラムです。

経験学習理論と組織開発の理論を活用した実践的なプログラムです。調査結果の現場で共有することは、現場マネジャーにとっても、メンバーにとっても、大変貴重な「人と組織の成長機会」となります。架空の事例を使った集合型の研修では実現できない、組織実践を促進します。

お気軽にご相談ください

JMARは一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) より、
プライバシーマークの使用許諾事業者の認定を受けています。