シスメックス株式会社様の事例

導入サービス
コンプライアンス意識調査

シスメックス株式会社

当社は、1968年に創立し、グループ企業理念「Sysmex Way」において、「ヘルスケアの進化をデザインする。」をミッションに掲げ、新しい検査・技術を生み出すことで医療の発展や、人々の健やかな暮らしの実現に貢献することを目指している会社です。現在、主として、血液や尿などを採取して調べる検体検査の分野で、世界中のお客様にソリューションを提供しています。

今回、グローバルコンプライアンス調査を始められた経緯や目的をお聞かせください。

当社は、コンプライアンス違反を、社会的信用を失墜させる最も重要なリスクととらえ、グループ全体のコンプライアンス統括組織としてコンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンスの推進・強化に取り組んでいます。

これまで、コンプライアンスの推進・強化に向けて、教育・研修等を含め、様々な取組を行ってきましたが、今般、グループ従業員のコンプライアンス意識を確認することで、これらの取組の実際の効果を測り、今後の取組に繋げようということで、グローバル共通の意識調査を実施することとしました。

グローバルコンプライアンス調査の委託先として当社を選んでいただいた要因をお聞かせください。

コンプライアンス意識調査を海外のグループ会社を含めてグローバルに実施するというのは当社として初めてのことであり、正確な結果把握のためには専門家の知見をお借りする必要があるという認識で委託先を探しました。

いくつか委託先候補がある中で、日本能率協会総合研究所様(以下、JMAR様)は、分析手法が明確で当社のニーズに合っていたこと、グローバルで多言語による調査実施のご経験があったこと、そして、スピーディーにきめ細やかな対応をいただいたこと等から選定させていただきました。

グローバルコンプライアンス調査を企画・実施するにあたり、苦労した点があればお聞かせください。

予め解っていたことではありますが、地域・国によって、法令・言語・文化・風土が異なる中で、グローバルに共通の意識調査を行うというのは、やはり大変なものだということを実感しました。同じことを聞くのでも、地域・国の特性に応じて聞き方を変える必要があったり、地域・国によってはNGの質問があったりしました。幸い、地域統括会社を始め、グループ会社各社が非常に協力的でしたのと、JMAR様から迅速・柔軟な対応をいただけたことで、無事、実施・完了することができました。

今回のグローバル調査を実施したことで得られた気づきや効果などをお聞かせください。

調査実施前に感覚的に持っていたいくつかの仮説が、数字をもって裏付けられ、今後のコンプライアンス推進・強化の取組を検討するうえで大きなサポートになると感じています。

今後、当該調査をどのように社内展開、発展させていきたいか展望をお聞かせください。

グループ全体で共通に取り組むべき課題、各地域・各社で取り組むべき課題をそれぞれ抽出し、グループ各社に適切な形で共有して、シスメックスグループとしてのより良いコンプライアンス推進・強化の取組を行っていきたいと考えています。

コンプライアンス意識調査へのお問い合わせはこちらから

お客様の会社概要

社名 シスメックス株式会社
設立 1968年(昭和43年)2月
資本金 128億7,774万円(2020年3月末現在)
社員数 単体:2,638名
連結:9,231名(2020年3月末現在)
主な事業内容 臨床検査機器、検査用試薬ならびに関連ソフトウェアなどの開発・製造・販売・輸出入

インタビューご回答者:シスメックス株式会社 法務部様

よくあるご質問