日本能率協会総合研究所 マネジメント&マーケティング研究事業本部

医薬品・医療機器マーケティング
実績一覧

当該領域の薬剤の使用状況、及び当該疾患治療の実態を把握。また当該製品の受容性も確認

対象者
医師
診療科
小児科
手法
定性&定量(Web)

薬剤開発の基礎資料とする為、医師の当該疾病に対する意識及び診療実態を把握

対象者
医師
診療科
精神科
手法
定性(GI)

新薬の販売戦略策定における情報収集

対象者
医師
診療科
整形外科/リウマチ膠原病/腎臓内科/糖尿病内科/婦人科/一般内科
手法
定性(PI&GI)

新しい治療薬の市場における受容度を確認し、市場シェアの想定に資する情報を収集

対象者
医師
診療科
眼科
手法
定性(PI)

医師への「製品説明資材」を制作する為に、試作案に用いたデータに対する評価と改善の方向性の確認

対象者
医師
診療科
整形外科
手法
定性(PI)

当該疾病治療の実態と治療ニーズ(治療状況・薬剤選択の重視点など)を明らかにし、開発候補品の受容性を確認

対象者
医師
診療科
精神科/内科/神経内科
手法
定性(PI)

新製品のディテーリングストーリーを作成する為に、ターゲットとなる当該領域の診療科医師に対し、模擬ディテーリングを行い受容性を確認

対象者
医師
診療科
一般内科/循環器
手法
定性(PI)

処方拡大に向けた戦略策定に資する為、ターゲット医師の当該製品に対する認識・処方関心などの意識の現状を把握

対象者
医師
診療科
呼吸器内科/呼吸器/内科/アレルギー科
手法
定性(PI)

売上拡大戦略策定に資する為、当該疾患における医師の治療フローや薬剤選択・使い分けに関する実態を把握し、当該製品の今後の戦略課題を抽出

対象者
医師
診療科
内科/耳鼻科
手法
定性(PI)

戦略策定の為、当該製品の市場導入する上での課題などを探り、次の定量調査設計に向けた情報収集

対象者
医師
診療科
一般内科/循環器/循環器内科/消化器外科/整形外科/血管外科 など
手法
定性(PI)

当該製品の処方拡大に向けた施策検討・構築の為に、最も患者の多いGP非専門医における、当該疾患の認識や治療の現状、及び、薬剤処方や当該製品に対する意識について把握

対象者
医師
診療科
一般内科/循環器内科
手法
定性(PI)

当該製品の上市に際し、プロモーション資材の完成に向けて、当該製品の処方対象となる患者を持つ医師に対して、「資材」案への評価・改善点及び当該薬剤への期待などを把握

対象者
医師
診療科
呼吸器/呼吸器内科/内科/アレルギー
手法
定性&定量定性(PI)

専門医・非専門医を対象に特定の呼吸器疾患への認識、並びに検査・診断・薬物療法などの治療実態を把握

対象者
医師
診療科
呼吸器/呼吸器内科/内科
手法
定性(PI)

当該製品の新しいメッセージとキービジュアルに対する医師の反応を把握し、新しい製品メッセージの構築に向けた情報を収集

対象者
医師
診療科
内科
手法
定性(PI)

当該製品の処方対象となる患者を診ている医師を対象に、治療実態並びに当該製品に対する受容性を把握

対象者
医師
診療科
小児科/アレルギー
手法
定性(PI)

当該製品の売上拡大に向けて、当該疾患の予防と治療の現状と医師の認識を明らかにし、薬剤処方における当該製品の課題を把握

対象者
医師
診療科
外科/産婦人科/麻酔科
手法
定性(PI)

当該製品の使用状況を測定するとともに、同一分類製剤の市場浸透度(認知・使用など)を経年で比較

対象者
医師
診療科
整形外科/内科
手法
定量(TEL)

将来的な適応拡大検討の為に、薬剤の使い分けに関する医師の処方実態と意識を把握

対象者
医師
診療科
皮膚科
手法
定量(郵送)

当該製品の使用状況や、銘柄別の満足度、及び銘柄選定の意志決定に寄与する要素を確認

対象者
医師
診療科
小児科
手法
定量(Web)

定量調査によって明らかになった医師セグメントごとに医師のインサイトを探索

対象者
医師
診療科
HP腎臓内科
手法
定性(PI)

当該製品の受容性と差別化要因を明らかにするために、医師の治療実態及び薬剤選択意識を把握

対象者
医師
診療科
内科/小児科
手法
定性(PI)

競合品対策としての製品メッセージ構築に資する情報収集

対象者
医師
診療科
産科/婦人科/内科/小児科
手法
定性(PI)

当該製品の売上拡大に向けて、医師の薬剤選択に関する実態と意識を把握

対象者
医師
診療科
内科/感染症科
手法
定性(PI)

医師向けコンテンツ開発の為に、当該領域の診療科医師の意識と、定量的なクラスター分析の為のキーとなるインサイトを把握

対象者
医師
診療科
一般内科/循環器/循環器内科
手法
定性(PI)

医師の人工透析に関する意識を探り、専門医のセグメンテーションマップを作成

対象者
医師
診療科
HP腎臓内科/HP泌尿器科
手法
定量(Web)

医師の志向タイプや興味・関心事項などから、ターゲット層を特定し、コンテンツ開発に資する情報を収集

対象者
医師
診療科
一般内科/循環器/循環器内科
手法
定量(Web)

DPC病院に勤務する医師のジェネリック医薬品に対する使用実態及び意識を把握

対象者
医師(DPC施設勤務医)
診療科
特に指定せず
手法
定量(Web)

戦略立案のため、特定の製品市場における企業ブランドのイメージと、強み/弱みを把握

対象者
医師(開業医)
診療科
小児科
手法
定量(Web)

患者向けの活動の策定に資する情報収集として、患者の罹患実態と疾患に対する認識及び情報行動の実態を把握

対象者
患者&主治医
診療科
血液・血液内科
手法
定量(郵送)

MRのCS調査

対象者
検査技師
診療科
検査室
手法
定量(郵送)

医療従事者用の注射剤調整方法に関する説明ツールの作成に向けて、看護師を対象に、既存の説明ツールの評価、並びに「投与方法」に対する認識・理解向上の為の情報収集

対象者
看護師
診療科
内科/呼吸器内科/呼吸器
手法
定性(GI)

医師の認識を変更させる活動に資する為の情報として、患者のQOL阻害要素を明らかにし、今後の日常生活における希望・願望などを把握

対象者
患者
手法
定性(GI)

販売戦略策定の為に、美容目的の自由診療で医療機関を利用している患者の実態と意識を把握

対象者
患者
手法
定性(GI)

当該製品の処方拡大に向けたプロモーション活動策定に資する為、患者の罹患状況やインサイト、当該製品に対する評価や患者向け資材ニーズなどを把握

対象者
患者
手法
定性(GI)

患者向け資材開発に資する為に、当該疾患の患者を対象に、複数資材案の評価を実施し、併せて患者の罹患状況や生活の様子についても把握

対象者
患者
手法
定性(GI)

戦略策定の為に、薬剤の長期使用への意識及び、問題の認知・経験の有無を確認

対象者
患者
手法
定性(PI)

患者向けデバイスの「患者指導書」改訂の為の情報収集

対象者
患者
手法
定性(PI)

今後の剤形開発に資する為、シニア層における服薬剤形の現状を把握し、当該年代における剤形ニーズや新しい剤形案に対する評価を把握

対象者
患者
手法
定量(CLT)

治療薬の服用脱落者における脱落理由を明確にし、当該製品のプロモーションに活用するデータを収集

対象者
患者
手法
定量(Web)

DTCや疾患治療に関する広報に資する為、高齢者の治療実態を把握

対象者
患者
手法
定量(Web)

患者のQOLと服薬実態を把握する為、自宅を訪問し聞き取り調査を実施。調査の結果は、前段に実施された郵送による定量調査

対象者
患者
手法
定量(訪問)

DTC活動の効果測定の為に、大学病院と協同で、患者の受診動機とその促進要因を把握

対象者
患者
手法
定量(問診票調査)

今後の製品開発へ向けた基礎資料として、患者の服薬状況と薬剤に対する評価情報を把握

対象者
患者(患者会協同)
手法
定量(Web)

今後の治療薬開発の為に、患者の薬剤の使用実態や重視項目を把握し、当該製品の使用状況並びに、評価情報についても収集

対象者
患者(患者会を通じて)
手法
定量(Web)

疾患啓発サイトの閲覧者特性を把握する

対象者
患者(サイト閲覧者)
手法
定量(Web)

DTCのTV広告用ストーリー案やポスター用キャッチコピー案に対する評価情報の収集

対象者
患者(症状を持つ方)
手法
定性(PI)

DTC活動の戦略策定に資するため、患者向けのWebサイト閲覧者の特性を明らかにし、DTCキャンペーンの効果を把握

対象者
患者(症状を持つ方)
手法
定量(Web)

当該薬剤の売上げ予測のために、罹患した患者及び・同居している家族を対象に、当該薬剤に対する評価を確認

対象者
患者・家族
手法
定量(Web)

TV-CMのクリエイティブ制作に資する為、当該ターゲットのアイディアに対する受容性を確認

対象者
患者(症状を持つ方)
手法
定性(PI)

小児用ワクチンの受容性、及び接種までの消費者行動を把握、併せて情報収集や情報源に関する情報も確認

対象者
母親
手法
定性(PI&GI)

当該疾患に対する患者側の対処の現状、及びワクチンに対する認知・理解や保護者ニーズを把握し、当該製品に対する受容性も確認

対象者
母親
手法
定量(Web)

売上予測に向けた判断材料の収集の為に、当該疾病に対する現状の意識・認識並びに「発現リスクの軽減」に対する関心度などを定性的に把握

対象者
一般個人
手法
定性(PI)

消費者向けに発信するメッセージの受容性を確認する為に、当該ターゲット属性のメッセージ案に対する評価と当該ワクチンの受容性を把握

対象者
一般個人
手法
定性(PI)

DTC(新聞広告)の効果測定

対象者
一般個人
手法
定量(FAX)

売上予測に向けた判断材料の収集の為に、当該疾病に対する現状の意識・認識並びに「発現リスクの軽減」に対する関心度などを定量的に把握

対象者
一般個人
手法
定量(Web)

お気軽にご相談ください

JMARは一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) より、
プライバシーマークの使用許諾事業者の認定を受けています。